安くできるコツとは?

- 安くできるコツとは?

安くできるコツとは?

2010年代以降は日本でも台頭してきているLCC。格安航空会社と呼ばれ、従来の大手航空会社よりも平均3割~7割も安い運賃となっております。
なぜこんなに料金が違うのか。細かい違いがわからず漠然と不安に感じている方も多いかと思います。
今回はLCCの航空運賃が安い理由についてご説明したいと思います


LCCの航空運賃が安い主な理由5つ

1.使用する飛行機機種の統一。

従来の航空会社は多種の航空機を使用していますが、LCCでは基本的に1種類の航空機に統一しています。
航空機を統一する事により、以下のコスト削減要素につながっています。

  • 飛行機のメンテナンスが簡素される。またそれに伴いメンテナンスを行う整備士のコストも削減する事ができる。
  • 飛行機に必要な部品においても種類を統一する事ができ、在庫や調達コストを削減する事ができる。
  • パイロットにかかるコストも削減できる。飛行機は機種ごとに別の免許が必要です。その免許取得や技術習得にかかるコストが抑えられるのです。

2.座席数の増加

同一の飛行機であっても、座席数を増やす事により、多くの乗客を乗せる事ができます。
燃料費や人件費などの飛行機の運航あたりにかかるコストは基本的に変わりませんので、乗客一人あたりの料金をより下げる事が可能になります。

3.機内設備が簡素化

従来の大手航空会社に設置されているような、各シートごとのモニターやゲーム機器を設置しておりません。
それにより機械設置にともなうコストやメンテナンスにかかるコストを削減する事ができます。

4.機内サービスの有料化、廃止

従来の大手航空会社では無料であった機内食、毛布やイヤホンの貸し出しなどが有料化されています。
また飛行機への預け荷物に関しても重量制限を厳しく設定しており、それを超える場合は課金される事になります。
これらの措置により人件費や燃料費などのコスト削減につながります。

5.ネット予約中心のチケット販売

LCCでは実店舗窓口の設定を最小限にして、インターネットでの格安航空券の販売が中心となっております。
それにより店舗運営費や人件費などのコストを大幅に削減する事ができます。

いかがでしょうか。この他にもコスト削減の為LCCには様々な工夫がされています。
最安値!激安!と謳われているLCCの格安航空券の背景には大変合理的な理由がある事がわかりますね。
勿論サービス面でみるとJALやANAのサービスとは異なる部分がありますが、費用面では大きなメリットが期待できるでしょう。
国内の航空券については、こちらのページも(https://www.jal.co.jp/dom/reservation/ticket_policy.html)ご覧ください。
是非今後は割引のJAL航空券やANA航空券に加えて、LCCであるSFJ航空券など料金も確認してみましょう。
例えば学生の方など、とにかく安いツアーで旅行したいと思っている方には大変有用だと思います。

関連記事:

    None Found