LCCと格安航空券

- LCCと格安航空券

LCCと格安航空券

旅行代理店でよく目にする格安航空券。また格安という言葉と合わせてLCCという言葉もよく聞くようになりました。
LCCとは何か。格安航空券とどう関係あるのでしょうか。
いまいち実態がよく分からないという方のために、今回はLCCとその航空券についてお話をさせて頂きます。

LCCとは?

LCCは英語の“LowCostCarrier”の頭文字から取った名称です。
JAL、ANAなどの従来の大手航空会社で行われていたサービスを簡略化、運行費用の削減、運行の効率化などにより低価格の料金提供を実現した格安航空会社の総称です。
これに対して従来の航空会社はFullserviceCarrier(フルサービスキャリアー),LegacyCarrier(レガシーキャリアー)などと呼ばれています。


日本のLCC航空会社

1.国際線

スターフライヤー社、スカイマーク社など。

2.国内線

スターフライヤー社、スカイマーク社、エアデゥ社、ピーチアビエーション社など。

LCCと航空券

つまり旅行代理店などで宣伝されている格安航空チケットには2カテゴリー存在する事になります。

1.従来の大手航空会社の格安航空チケット(JAL航空券やANA航空券)

こちらはJAL航空券やANA航空券が定価料金よりも割引されているという意味での格安航空チケットになります。

2.LCCの航空券

LCCは格安航空会社の総称です。つまりLCCの航空チケットは総じて従来の航空会社のチケットより安い値段になっています。
そういう意味でLCCのチケットは基本的に全て格安航空チケットと呼ばれる事があります。
またさらにLCCの航空チケットでも購入するタイミングなどを選べば、更に割引の料金で入手する事も可能です。
いかがでしょうか。
現在では航路によって従来の航空会社だけでなく、LCC航空会社も大きく存在しています。
勿論サービス面では従来の航空会社と比較すると簡素化はされています。
しかしその分航空運賃は大幅に安くなる可能性もありますので、旅行のプランを立てる際の検討材料とされてはいかがでしょうか。
とにかく飛行機はお金をかけずに激安、最安値のものを利用したいという方にはお薦めです。
今後はJAL航空券、ANA航空券などの従来の航空会社の割引料金チケットに加え、LCCであるスターフライヤー社のSFJ航空券の料金などもチェックしてみましょう。
選択肢の視野を広げる事で、より充実した旅が実現できますよ。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »