何故安くできるのか?運賃が安くなる仕組みを解説

- 何故安くできるのか?運賃が安くなる仕組みを解説

何故安くできるのか?運賃が安くなる仕組みを解説

皆様も利用されている格安航空券。今では旅行代理店などで当たり前のように購入されている方が多いと思います。
航路や時期によっては驚くくらいの値段で売っている事もありますよね。
でもなぜこんなに安いのか、意外と気に留めていなかった方も多いのではないでしょうか。
今回は格安航空券が安い理由についてご説明致します。

なぜ安くなるのか?

航空会社が各フライトの運行に対して赤字収益になる事を防ぐため、安い料金で売って早めに空席を埋めようとするからです。
これが最も根底的な理由となります。飛行機を運行させるには様々な経費がかかります。
一般的に、70%程席が埋まれば経費をペイして利益が出せると言われております。したがって航空会社はまず赤字になるリスクを避けるべく航空チケットを販売します。
フライト日より早い段階での航空チケットは割引の料金で売るのです。特にエコノミー席を多く割引で売り出します。
なるべく早い段階で経費をペイできる段階までチケット売る事を試みるわけです。


どのように格安航空券を売るのか?

売る方法は主に2つあります。

1.ITチケットの販売

航空会社が旅行代理店に対してツアー(団体旅行)用の特別割引料金で旅行代理店にまとめ売りをします。
このツアー用に販売された格安航空チケットはITチケットと呼ばれています。
旅行代理店はこのITチケットを一般客に対してツアー用のチケットもしくはバラ売りの航空券のみで販売します。

2.PEX航空チケットの販売

航空会社から一般客または旅行代理店に対して割引料金で航空チケットを販売します。
例えばJAL航空券であれば”先得“ANA航空券であればSFJ航空券であれば”STARLIMITED”など各航空会社の名称があります。
いかがでしょうか。このように各航空会社は航空チケットの販売方法を考えて最大の収益創出を試みています。
チケット購買者からの立場で見ると、航空券を購入するのは旅行代理店を通してITチケットを購入しているケースが多いかと思います。
案内などに”激安”とか”最安値”などと記載されているのはこのITチケットが殆どです。
今後は例えば旅行代理店だけでなく自ら各航空会社のHPからPEX航空チケットの値段をチェックするなどすると、より良い条件でチケットが購入できるかもしれませんね。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »