LCCとはそもそも何なのか

- LCCとはそもそも何なのか

LCCとはそもそも何なのか

日本でも最近では、多くのLCCについての話題が広まっておりニュースやネットブログなどでも名前を見る事が多くなっていますね。
今や、格安航空券と言えばLCCの方が連想されるほどになってきていますが、LCCというのはそもそもどんな物なのでしょうか。

格安航空券で利用出来るLCC

首をかしげる人
LCCというのは、元々ローコストキャリアーという頭文字を取った物で日本ではここ数年で知名度が高まってきている物ですが、海外の航空会社ではかなり昔から運航されている種類の航空会社ですね。
LCCは、日本語で言うところの格安航空会社という意味だと思っておけば相違はないですね。
サービスなどの簡素化、人件費や整備費や機種の維持費などの余分なコストをカットすることによって、航空券を安く販売しても成り立つようにしている物ナのです。
日本では、LCCが初めて運航したのが2007年ごろと非常に最近のことで実は、まだ10年ほどしか歴史がないものなんです。

日本のLCC参入について

日本の交通機関の中でも、特に航空機というのは元々圧倒的に値段が高かったこともあって、一部の人しか利用する事が出来ず不景気なご時世では特に集客が難しくなっていたんです。
そんな時に、日本の航空業界でも規制緩和が行われる事となり、LCCの新規参入が認められた事で次々と近年ではLCCの参入が続いているわけです。
現在、日本で運航しているLCCの会社は十社以上にもなっておりそれぞれのLCCごとの特性などを活かしているんですね。
サービスの簡素化などは勿論ですが、路線数などを絞ることによって客層を限定したり、短距離路線などを回数こなす回転率重視の運航など様々な特色があります。

LCCを有効活用しよう

LCCを使う事で、今までの航空券の値段と比較しても半額以下の値段で利用する事が出来るようになったため、国内旅行などのハードルが大きく下がったんですね。
特に、旅行における移動時間と移動手段というのはネックになっていたこともあり、圧倒的に移動時間が短くて住む航空機を安く利用する事が出来るようになったのは、行楽という娯楽の増加を手伝っていると言えるでしょう。
大手航空会社では当たり前に無料サービスしていることがなくなっていたりすることまおるのですが、移動時間を短縮する事が出来る、という時点で航空機はオンリーワンの魅力を持っているんです。
そのため、LCCの需要はかなり高いんですね。


関連記事:

  « 前の記事: を読む